機種を問わず攻略情報やレビューなどダラダラと 質問などがあれば分かる範囲でお答えします
このブログをRSSに登録する このブログをはてなブックマークに追加 このブログをツイートする" このブログをフェイスブックでシェアする 
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/02/20(火)
 

1,800京個以上(18,446,744,073,709,551,616個)のランダム生成された惑星を巡り旅をしながら宇宙の中心を目指す、そんな壮大なゲーム性に惹かれてノーマンズスカイ買ってみました。
そして広大な宇宙の全てが全プレイヤーと共用で、星系や惑星、新種の生物をの第一発見者になると名付け親になれたりなんかするのも面白いですね!


という事で早速プレイスタート!
宇宙船の墜落現場から物語は始まり主人公は墜落のショックで記憶喪失、とりあえず壊れた宇宙船を修理する事から始める。
ここから自由に探索が可能に。
毒の雨が降り昼間は気温60度を越える過酷な環境って、始めたばかりのプレイヤーにこの仕打ちは非道過ぎやしませんかねぇ?



何はともあれマルチツールの修理から。
マインビームで鉄を集めて分析レンズを修理、L2で覗き込むと鉱石や植物や生物の名前が判明、オプションメニューのディスカバリーの項目でアップロードするとユニットというお金のような物が支給されました。

赤いトゲトゲの様な石はプルトニウムの結晶でマインビームや宇宙船の燃料になったりする模様。
プルトニウムの石つぶてがモリモリ飛んでくるのはちょっと怖いw



続いてスキャナーの修理。
炭素を集めるわけですがコレは植物系をマインビームで撃てば手に入る模様。
炭素もマルチツールの燃料になるみたいですね。
スキャナーで周りの素材の大まかな位置が分かるようになりました。

調子に乗って採集しまくってたらドローンが飛んできていきなり攻撃、なんとか宇宙船に逃げ込んで難を逃れましたが、以降ドローンが張り付いて来て自由に探索が出来ないように・・・・。



手持ちの素材で宇宙船の修理に取り掛かります。
シートのパーツとかいう謎のパーツを製作して発射エンジンを修理。

続いてパルスエンジンの修理ですが、亜鉛はスキャナーに引っ掛かってくれたからスグに見付かったけど、ヘリジウムってなんぞ?
余談ですがスキャナーに表示されるのは元素記号なんですね、無学な自分にはこの仕様がちょっと辛いw

で、信号ブースターなるものを作ってヘリジウムの鉱脈を探せば良いらしいので製作、そしたらばすんごい遠い。
こんな時に宇宙船が動けば良かったのに!あ、宇宙船の修理に必要なんだったっていうジレンマですよ。
ボチボチと歩いてるとでっけぇ青い岩があってなんとヘリジウム発見!
いや~オレ様ちゃんってばホント持ってる男だわ~なんて調子に乗ってたらドローンに尻を焼かれて逃げ帰るハメになるっていうw



なんやかんやありましたが無事パルスエンジンの修理が完了し、最初の惑星を出立!
の、その前にアイテムボックスと宇宙船にパンパンに資源を詰め込んで、いざ広大なる宇宙へ!!

スポンサーサイト
2018/02/20(火)
 



宇宙に飛び出してすぐに宇宙ステーションを発見。
コーバックスって種族が取り仕切ってるステーションっぽい。
ただ何言ってるかさっぱり不明、地道に単語を教えてもらわないといけないらしい。
なんかFF10のアルベド語の辞書集めを彷彿とさせますね。
とりあえず燃料系以外の手持ちの資源を売り払って路銀を稼いで宇宙ステーションを脱出。


メインクエスト、目覚めを進めて行きます。
謎の信号を追跡して発信源を探して惑星に降り立つと環境が焦土、この星系は荒れ果て過ぎじゃないっすか?
ビーコンを調べると救難信号の発信源が判明。
発信源に向かう前に周りの動植物や鉱物を分析レンズでサーチしてユニットを稼いでたら人工物を発見。

なんかアイテムケースの容量を1枠増やしてくれるみたいでラッキー☆
これアイテム整理ってサブミッションの条件だったらしい。

さらに道中で建物を見つけて立ち寄ったらこの建物を拠点だか基地だかに出来るとかなんとか説明が。
焦土と化した惑星をマイハウスにしたくないので見なかったことに。

救難信号の発信源に到着すると大破した宇宙船が。
バウンティハンターの血が騒ぐぅ~!と思いきや別段なにかがあるわけじゃなく救難ポッドからログを吸い出してハイパードライブの設計図を手に入れて脱出。



宇宙ステーションで動的共鳴装置を買ってヘリジウム200個使ってハイパードライブを作りなさいと。
さっきヘリジウム売っちゃったよね~。

宇宙ステーションに戻る道すがら他の惑星もスキャンしてみたら「テラフォーミング事故跡地」とか「腐食された大地」とか「高刺激性の土地」とかおっかねぇ惑星ばっかりだし、宇宙空間が緑色のガスで靄(もや)掛かってるし、どんな業を積めばこんな荒廃した星系に産み落とされるのかと問い詰めたい。

最初の惑星に戻ってヘリジウムを調達してハイパードライブが完成。



続いてハイパードライブのワープ燃料確保の為に反物質の調達。
ま~たさっきの焦土と化した惑星に逆戻り・・・。
なんか粘液まみれの建物の中に入って反物質の回収に成功!
入り口に鞭みたいな植物が配置されえててベチベチ叩かれて体力奪われたのはちょっとイラッ☆としましたが。


反物質とタミウムを組み合わせてワープセルを作ると。
タミウムどこーー!!!?
タミウムを探し回ってようやく必要数揃えてワープセルが完成、100光年単位でワープが可能に!


これでこの星系から脱出出来る!荒れ果てた星々よ二度と戻って来る事は無いだろう!さらだばー!
2018/02/20(火)
 


ワープで新たな星系に到着!
早速スキャンするもロクな環境の惑星が無さそうな気配、っていうか「半減期を待つ土地」とか明らかにヤベェやつも混じってる。
やっぱり地球って凄いのね!

新たな信号目掛けて大気圏突入、なんか地上のステーションみたいな場所で反物質の設計図をゲット。
ご丁寧に貿易ターミナルまであるじゃあ~りませんか!
サスペンション液を買って電子ガスに変換して反物質を作ってワープセルを作ってチャージして、ってワープするために毎回毎回この工程を踏まないといけないのか・・・。
とりあえずロクでも無さそうな星系なのですぐさまアディオス!


ワープした先で宇宙船が不調な様子で燃料がなんたらかんたら。
宇宙ステーションが真横にあったので寄り道w
ヴァイキーンに話しかけたらマルチツールをアップグレードしてくれたよ!
しかも地形操作機とかいう素敵そうなツールもオマケで付いてきた!
そしてスロットを修復しまくったら一気に金欠に・・・金額見て無かったよめっちゃ高いよトホホ。



気を取り直して燃料の回収へ。
目的地で遺跡のような構造物を発見、よく分からない質問にテキトーに答えたらワープセルが貰えましたw
再びワープで別星系へ向かおうとしたら敵がワープしてきてしばらく追い回されるハメに。
なんとか振り切って、拠点作りやすそうな星がある事を祈りながらワープ。


宇宙ステーションに立ち寄ったらミッションが開放、フリークエストみたいなやつっぽい。
当面の目標がアトラスを目指して何度かワープを繰り返す事みたいだから、一旦腰を据えて資金稼ぎとか設計図集めとか出来そうな惑星を探すことにします。

で、辿り着いたこの星系もあんまりよろしくなさそう。
とりあえずワープセルを作ってさっさとおさらば!なんかほとんどの星をスルーしてるよね~!
もしかしたら資源確保の為に舞い戻る可能性もあるかもしれないけど・・・
軒並み環境が劣悪なのがダメなんだよ~!


次の星系は地球と月みたいな衛星付きの惑星を発見、衛星の方が緑豊かな地みたいな環境だったので突撃。
気象が極度の暴雨だけど気温も毒も核物質も無い!
ここ良いんじゃね?と思ったのも束の間、嵐が到来。
気温165度、アホかーーー!!!
しかもセンチネルの警戒度も高い、せっかく良さそうな星に巡り合えたのに(´・ω・`)


果たしていつになったら安住の地がみつかるのやら・・・苦難の道のりはまだまだ続きそうです。

 

Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。