機種を問わず攻略情報やレビューなどダラダラと 質問などがあれば分かる範囲でお答えします
このブログをRSSに登録する このブログをはてなブックマークに追加 このブログをツイートする" このブログをフェイスブックでシェアする 
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018/02/20(火)
 

1,800京個以上(18,446,744,073,709,551,616個)のランダム生成された惑星を巡り旅をしながら宇宙の中心を目指す、そんな壮大なゲーム性に惹かれてノーマンズスカイ買ってみました。
そして広大な宇宙の全てが全プレイヤーと共用で、星系や惑星、新種の生物をの第一発見者になると名付け親になれたりなんかするのも面白いですね!


という事で早速プレイスタート!
宇宙船の墜落現場から物語は始まり主人公は墜落のショックで記憶喪失、とりあえず壊れた宇宙船を修理する事から始める。
ここから自由に探索が可能に。
毒の雨が降り昼間は気温60度を越える過酷な環境って、始めたばかりのプレイヤーにこの仕打ちは非道過ぎやしませんかねぇ?



何はともあれマルチツールの修理から。
マインビームで鉄を集めて分析レンズを修理、L2で覗き込むと鉱石や植物や生物の名前が判明、オプションメニューのディスカバリーの項目でアップロードするとユニットというお金のような物が支給されました。

赤いトゲトゲの様な石はプルトニウムの結晶でマインビームや宇宙船の燃料になったりする模様。
プルトニウムの石つぶてがモリモリ飛んでくるのはちょっと怖いw



続いてスキャナーの修理。
炭素を集めるわけですがコレは植物系をマインビームで撃てば手に入る模様。
炭素もマルチツールの燃料になるみたいですね。
スキャナーで周りの素材の大まかな位置が分かるようになりました。

調子に乗って採集しまくってたらドローンが飛んできていきなり攻撃、なんとか宇宙船に逃げ込んで難を逃れましたが、以降ドローンが張り付いて来て自由に探索が出来ないように・・・・。



手持ちの素材で宇宙船の修理に取り掛かります。
シートのパーツとかいう謎のパーツを製作して発射エンジンを修理。

続いてパルスエンジンの修理ですが、亜鉛はスキャナーに引っ掛かってくれたからスグに見付かったけど、ヘリジウムってなんぞ?
余談ですがスキャナーに表示されるのは元素記号なんですね、無学な自分にはこの仕様がちょっと辛いw

で、信号ブースターなるものを作ってヘリジウムの鉱脈を探せば良いらしいので製作、そしたらばすんごい遠い。
こんな時に宇宙船が動けば良かったのに!あ、宇宙船の修理に必要なんだったっていうジレンマですよ。
ボチボチと歩いてるとでっけぇ青い岩があってなんとヘリジウム発見!
いや~オレ様ちゃんってばホント持ってる男だわ~なんて調子に乗ってたらドローンに尻を焼かれて逃げ帰るハメになるっていうw



なんやかんやありましたが無事パルスエンジンの修理が完了し、最初の惑星を出立!
の、その前にアイテムボックスと宇宙船にパンパンに資源を詰め込んで、いざ広大なる宇宙へ!!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
管理者にだけ表示を許可する
 
 

Template by ブログのアフィリエイトにSEOテンプレート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。